フォローする

ピストンピンのおはなし

販促部 ヒロ伊藤です。

まずはこれ↓  ゼファーのピストン

ゼファーはピストンピンを外そうとすると結構かたくて外れ難い物が

多く厄介です。

ピン部を見ると

こんなになっています。(まだ、ましな方かな?)

熱、潤滑が厳しいんでしょうね。

このまま組むことはできないので直します。

そうすると

ピカピカ!

ピンとピストンはフローティングになっていないとダメなので

しっかり修正します。

ピンをピストンにいれて下を向けるとピンの自重ゆっくりで落ちてくる

ぐらいにします。

完璧!

ピストンピン部の加工 終了!

あと、潤滑や熱対策としてピストンピンに

DLCを施工したり

うちのデモ車にも施工している↓

ダイクロナイトも超おすすめですよ!

それではまた火曜日に バイバ~イ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする