フォローする

GPZ900R、クーラント漏れ。

皆さん、こんばんわ!! 一宮店の伴です。

さて今回は車検で入庫の「GPZ900R」

すごく程度の良いA1、フルノーマル車。

さっそく漏れというか滲み発見。

サーモスタットケース周辺にクーラントのかたまりが・・・・・。

とりあえず、外します。

カスカスがいっぱいです。

中身は・・・・・・。

もっとカスカスで錆び錆びでした。液体ガスケットが多量に塗られてるとこみると

一度あけてると思われますが。Oリングもカチカチ。さすがに年月には勝てませんね。

ついでに周辺の物は交換しちゃいます。

サーモスタットはもちろん新品に。

キレイキレイにして組み付けます。

出来上がりです。

今回クーラントは少しお高い物を入れてみます。

これで少しは水温、安定するかな。安定してほしい。

おまけで、今回、キャブ、外したんで少し見てみると・・・・・・。

スロットルバルブの動きが一個だけ速い。

これは多分、間違いなく・・・・・・。

ダイヤフラムが破けてました。一個約一万円。できれば4個変えたいところだし

ついでに掃除も行いたい。部品で4万強出すんだったら社外レーシングキャブに?

でもきっとお客様的には純正にこだわりたい。

A1の物は廃盤みたいなので現行のものが使えれば・・・・。

まだ少し先は長くなりそうですが、がんばります。

それでは今日はこの辺で!

また来週!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする