フォローする

250ccラジアルタイヤのご紹介!

一宮の小さいおっさんこと鵜飼です。

さて、各メーカーが近年力を入れてきている250ccモデル。

新車で装着されているタイヤは

ほとんどが「バイアス構造」のタイヤなのですが、

これを「ラジアル構造」のタイヤに変えることによって、

バイクの運動性能を高めることが可能です。

詳しい説明は割愛しますが、

バイアスよりもラジアルの方が、バイクが傾いている時に、

より柔軟に動いて地面に接地してくれる=コーナリング性能が高い

ということだけ覚えておいていただければ大丈夫です(=゚ω゚)ノ

バイアスタイヤにも直進時の乗り心地や、コストが低く抑えられる、

などといったメリットもありますので、一概にどちらが良いとは言えないのですが、

ウカイとしては、よりバイクを楽しんでいただくために、

タイヤのラジアル化を推奨しております!

少し前までは、250ccサイズのラジアルタイヤはほとんど選択肢がありませんでしたが、

この春デビューしたタイヤによって、大幅に選択肢が増えたので、まさに今がチャンス!ということで、各メーカーのタイヤをご紹介しましょう(=゚ω゚)ノ

------------------------------------------

①ミシュラン パイロットストリートラジアル

ライフ&ウェット重視のツーリングタイヤ。

このタイヤの一番の特徴は、

「同パターンでバイアスとラジアルが選べる」、ということです。

純粋に同じ条件でバイアスとラジアルの違いを体感することができます。

------------------------------------------

②ダンロップ GPR–300

ツーリングとスポーツの中間にあるタイヤ。

クセのないタイヤなので、迷ったらこの辺りを選ぶのも吉です。

------------------------------------------

③ピレリ ロッソ2 & メッツラー M5

この辺りからグリップ重視のタイヤになってきます。

温感グリップに優れたロッソ2と、ドライとウェットのバランスが取れているM5。

この2つは同ランクのタイヤと言えるかと思います。

好みによって使い分けできるといいですね。

------------------------------------------

④ミシュラン パワーRS

デビューしたばかりの新作タイヤです。

カテゴリーとしては③のタイヤと被りますが、

最新型として進化している分、総合性能はこちらが上と言えるでしょう。

路面からのインフォメーションを最も受け取りやすい、

乗りやすいスポーツタイヤです。ウカイのイチオシです!(=゚ω゚)ノ

------------------------------------------

⑤ダンロップ α–14

この辺りから本気度が上がってきます。

こちらもデビューしたばかりですね。

寿命よりもグリップ力!という勢いのある方にオススメです。

ワインディング〜サーキットまで、十分な性能を発揮してくれますよ〜。

------------------------------------------

⑥ピレリ ディアブロスーパーコルサ

猛者をして「レースで勝ちを狙うならこれ!」

と言わしめる、泣く子も黙る最強タイヤです。

ただし、しっかりと温めてからでないと、

十分な力を発揮してくれませんので、ご使用の際はご注意を(=゚ω゚)ノ

----------------------------------------

…と、簡単にですが説明させていただきました。

ポジション的に重複するタイヤはほとんどありませんので、

用途と走りのレベルに応じて、選ぶタイヤが決まってくる感じになります。

もっと詳しく聞きたい!

という方はウカイまでどしどし質問しちゃってください!

自分に合ったタイヤで、バイクはもっと楽しくなります。

新たなステップへの足がかりに、タイヤのラジアル化、オススメですよ!

それでは今日はこの辺で…

ウカイでした(=゚ω゚)ノ

今週末のイベントのごあんなーい(=゚ω゚)ノ

土日(6月24日25日)はピカピカ磨き&SHOEIイベントの日です。

車体、ヘルメット等を「磨く」綺麗にする、ピカピカにする

に特化したイベントです。どんなケミカルを使えばよいか?

どうみがいたら?などなどお悩み解決いたします。

またSHOEIイベントでは、当店では恒例となっています

SHOEIスーパーバイザーが来店し、フィッティング等おこなってくれます。

しゃぼん玉一宮店にぜひご来店ください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする