フォローする

ダイヤフラム交換。GPZ900R

皆さん、こんばんわ!! 一宮店の伴です。

今日は以前、車検整備中に発見されたキャブレターの

スロットルバルブ(ダイヤフラム)の交換です。

物はこういったもの。

キャブのトップキャップの中に入ってます。

で、これが発見された破れです。

純正のCVKタイプは負圧によってスロットルバルブの開閉を行ってますので、

これが破れるとバルブの動きが悪くなります。

破れてないものも比べるとこんなに弾力が違いました。

見たとおり、左が新品で右が使い込まれたもの。

オーバーホールの際は軽く引っ張ってみて必ずチェックするようにしています。

そんなにすぐダメになるものではないですが、古い車両は要チェックです。

現状、ひどく調子が悪い感じは出てなかったみたいですが、今回気付けれて良かったです。

さらに調子が良くなると良いな。

それでは今日はこの辺で! また来週です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする