フォローする

セパハンの悩み。

おはようございます。一宮店 笹田です。

今日はGPZ900Rのセパハン交換をした際に

どうしても出てくる悩みの種。

このスイッチBOXがハンドルをきると

カウルにあたる。

このようにどうしてもカウルにあたってしまうので

いつもはカウルを大幅にカットするか

フォークを延長してハンドルを上の方に移動させ

ギリギリかわすか。などしてきましたが、

今回はスイッチを交換。

薄型の小さいタイプ。パッシングはなくなってしまいますが

これに交換すると、

なんとカウルヒットを回避。

あとは配線をしてOK。

今回カウルカットやフォーク延長などしなくて

すんだのでかなり時間短縮になり

悩みの種がへりました。

それでは、また。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする