フォローする

カムチェーンまわりのおはなし

加工課  ヒロ伊藤です。

今日は先日、じろーが少し紹介してくれたS1000RRの

カムチェーン廻りの交換です。


カムチェーンを交換するためにヘッドカバーを外すのですが

エンジンヘッドカバーに到達するまで(この状態までに)↓

取り外したボルト ↓  こんなに沢山!

いつも作業しているゼファー1100では

ヘッドカバーの取り外し準備(この状態↓)までに

取り外したボルト ↓  たったこれだけ

スーパースポーツは結構大変なんですよー。

(ただ、それが言いたかっただけ)

はい、作業の続き

今回交換する部品はこれだけ

カムチェーン廻り全てです。

作業するバイクは2万km以上走行

当然カムチェーンは、この状態

S1000RRは本当に強いエンジンですが

メンテをした方がいい個所がいくつかあります。

そこを、しっかりメンテナンスしていれば調子よく

長く乗れると思います。

カムチェーンはその1つです。

カムチェーンとセットでカムスプロケット、スライダーも交換

カムスプロケットはSTDで長穴加工がされていて

バルブタイミングの調整が出来る優れものです。

そして、オイル穴もありカムチェーンをしっかり潤滑↓

そして、何よりメカニックにとって、うれしいのが

カムシャフトからスプロケットを外すと

すぐオイル通路があり、簡単にオイルラインをしっかり清掃できること!

取り外し、清掃が終わったら組み込み

その前に、新品のパーツを組むのでまずはバリ取り

カムシャフトも公道走行のためか

当たりがきついので

磨いて修正

当然、バリ取りも

ここまで、できたら組み込み

そしてタペットを調整。↓

マニュアルには調整範囲がありますが

範囲内で少な目にとったり、広めにとったり、真ん中でとったり

組む人それぞれだと思いますが、自分たちが今まで走らせてきた

経験をもとにクリアランスを決めます。

そして、バルブタイミングを調整。↓

これも、経験をもとに数値を決めて組みます。

S1000RRはテンショナーが油圧テンショナーのため

バルブタイミング調整時のカムチェーンの張り具合も
きもになります。

最後に

初期かじり防止のためカムにグリスを塗ってヘッドカバーを取付け。

いっぱいのボルトをもと通りに組んで完成です。

そして、入れるオイルは

レスポ  コンペST-1  15w-50

この車輌は今回からこのオイルにしました。

S1000はオイルもきもになりますよ。

レースで5年間走らせてきた経験から、

手を加えた方がいい個所がまだあります。

また報告します。

それではまた土曜日に  バイバ~イ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする