フォローする

オルターレザージャケット!ちょうどいい季節です!

こんにちは3台のXJRを持つ鉄骨裸族の族長熊木です。

先日までの25周年感祭本当に沢山のご来店ありがとうございました。

遠方からも、ご無沙汰の方も、お話するのも初めての方もいっぱいお話できて本当に楽しい4日間でした。

そんな会話の中、、

僕が

「XJRをいっぱいもっているんですよ・・」

というと、、

「あぁ~ブログ見てます!」

という反応が嬉しくもあり、、

照れちゃう自分に気づいたり、、

いっぱい見て頂いているんだな~と実感しました。

そんな所で、感謝祭期間中にいっぱい試着していただいていた、当社と、革アイテムで有名なデグナー様コラボによる、、

はば広い年代にジャストフィットなオルタージャケット。

革としては控えめな60000円という価格設定に加えて、しっとり、軽い感じで着れるアイテムです。

ライダーとは!

自己陶酔の極み!

サーキットで速く走れる人も、

ツーリングで遠くに行く人も、

一人で、月の見える丘へ向かうのも、、

絶対に映画のワンシーンの様な瞬間を追い求めているはず。

それが、レース物の映画か、ロードムービーなのか、古い洋画の中なのか、バイクの映る映画を見たら、「自分なら・・」と重ね合わせた事は多いはず・・

何のこっちゃ??

て感じでしょうが、

僕にはこのオルタージャケットが、

いわゆるライダースジャケットではなくて、

古いロードムービーの主人公が、

長い道の先を見据えて、国境の看板の下でタバコを吹かしながら佇むイメージ・・

ポケットからはウィスキーのスキットルが見えてる、、

↑こんなの

そんなイメージが見えるのです。

VANSONや、KADOYAもいいけど、、

だれにでもある郷愁を誘う、あの瞬間にぴったりなアイテム!

オルタージャケットを是非お見逃しなく!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする