フォローする

カスタムとメンテナンス

こんにちは。

3台のXJRを持つ鉄骨裸族の族長熊木です。

先日お客様に言われた事があります。

「友人にカスタムするなんて良いように搾取されているだけだよ」

と言われて凹んだらしいのですが、

僕は別にノーマルが良いともカスタムが良いとも言うつもりはありませんが、

バイクを使った趣味の中の派生した楽しみの中にある、ツーリングや、道の駅スタンプラリーや、グルメツーリングや、サーキットや峠・・その中の一つにカスタムがあるとだけ感じています。

ノーマルのまま新しい車種が出たら下取りに出して買い替え、、

これも車両メーカーに良いように搾取されていると捉えることもできるし・・

コレ!!と決めた一台を大事に乗りたいから、自分の乗りやすいように、

「自分が満足できるように」「自分がカスタムする」事を誰かにとやかく言われるのは、

なんか腹が立つものですね・・

食わず嫌いは間違いなく人生を損している!!受け入れて判断する事を放棄しているのだから・・

さて静かな怒りの前置きはともかく、

一宮店ハードコーナーでは

壁掛けアルミ鍛造ホイールで

軽さをアピール中(笑)

純正オプションとしてのゲイルスピードや、車輛メーカーカタログにも掲載される信頼と実績のホイールです。

事実・・

パーツメーカーは、車輛発表前に車輛メーカーに呼ばれ集められ、パーツ開発を行う準備を事前に整えるそうです。

なので、車輛発表と同時にカスタムパーツも世の中に出回るそうです。

この前に立つだけで、フォーク・スイングアーム・ステム・アクスルシャフト・内圧コントロールバルブ・写真には無いですが、その横にはキャブレーターにリアショック・コンピューター・・・

等など

見ることができます。

予算は500円~の

チタンボルトコーナーもハードパーツコーナーへ移設・・

そして、僕が声を大にして言いたいのは、、

まずはメンテナンススタンドを買いましょう。

最初はホイールを磨く事から始めてみましょう。

綺麗なバイクというのは、安心感が違います。

指で触った事、目で見た事、耳で感じた事、鼻でかいだ匂い・・まぁ口には入れなくていいですけど、、それをしっかり覚えてみるとバイクライフは楽しくなるはず。

メンテナンスも趣味になってしまうほどに!

メンテナンスを日常から行うことで、個々のパーツの違和感にも早く気づくことができるので、トラブルも未然に防げます。

変なことを言われたおかげで理屈っぽくなってしまいましたが、、

今日はこの辺で・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする