フォローする

ゼファー、ミッションのおはなし

加工課   ヒロ伊藤です。

今日は、よく依頼されるゼファーのミッション作業

エンジン台で逆さまになったエンジン↑

そして、ミッション↓

ゼファーと言えば2速が弱点

2速が抜けるトラブルがやはり多い車輌です。

カウンターシャフトをばらすと

2速ギアのドッグのはめ合いの損傷↓

ダボの損傷↓

シフトフォークを2速で支持する箇所の
シフトドラムの損傷↓

当然これらのパーツは交換!

交換でばっちり直りますが

パーツを組む時にひと手間

本来は

2速ギアをシャフトに組み↓


スプラインに切った特殊スペーサーを入れて↓

クリップで固定↓

しかし、

この時、2速のフリーギアにはスラスト方向に

どうしてもガタが・・・・

そのガタを取るのと同時にドッグの噛みこむ側に

2速ギアを寄せる細工をします。

どうするかと言うと!

2つ前の写真の特殊スペーサーは1.5mmあるので

寄せたい分だけ削った薄いスペーサーを作り

左、加工スペーサー↓ 右、STD

これを組みますが、薄いスペーサーだとガタが増えるので

2速ギアの裏側にシムを追加して全幅を調整します。

要は、このシム分だけドッグの噛みこみ側に

ギアがよったことになります。

ドッグをより深く噛みこませ

ギアの抜けのを防ぐための細工です。

そして、動きをチェック

完璧!

他にも1速でもギアにガタがあり↓

ギアが傾きます。

これが、具合が良くないので

シムで調整

そして、車輌に組み込んで


動きを確認!

このように調整が必要なギアは全て細工します。

そのため

特殊加工されたスペーサーやシムは常に用意しています。↓

シフトタッチ向上のため

まだまだ

いろいろな細工をしますが

今日はここまで

また、報告しますね。

それでは、またバイバ~イ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする