フォローする

DIY!

かなり冷え込んできましたね。

体調などみなさん大丈夫ですか?

今回は仕事とはまったく関係ないかもしれないお話です。

私が所有している車、、平成元年もの。

ある日、ネジが浮いているところを発見。

そのネジを回すと空回り??

矢印の部分。はずしてみました。

世にもおそろしい光景が「はずすんじゃなかった!!」

プラスチックの破片がバラバラと落ちてくるではないですか、、、

一番下の部分ナットが、、、なんと(ナット)ない。

二段目、何もない。

三段目、、、

一番上、、やっぱり!

「はずすんじゃなかった、、」修理しかありません。

ディーラーに確認したところ、部品はでず。

そこで、

この商品で修正することに、、、

ないものは作るしかありません。元の形がどんなものだったかもわかりません。

ナットを固定できる部分を作っていきます。

型どりのため、そこらにころがっていたマーカーペン。

型どり君をお湯で温め型をとって、プラリペアを地道に流し込んでいきます。

10分ほどまって型をはずします。

こんなものが、、

リューターで地味にけずって。

で、、長さと角度を適当にけすって。三つ作るのに約3時間ほど

これが

こんな感じに、、あと三か所つくって取付です。

所要時間約8時間。「嫁にあほ扱い」

反対側はおそろしくてさわれません。

でも、がんばればなんとかなるものです。

古い車、バイクをお持ちの方、部品がでないとなるとこうなりますね。

私のバイクも1993年、24年前のもの

部品が出てきません。

でも、でもがんばって乗っていきたいと思っております。

ここで一言。「プラリペア、、使えます。」

今月末まで「ウインターセール」です。

ご来店お待ちしております。

BY project     A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする