フォローする

フロントサスペンション

こんばんは、RS川瀬です。

前々回リヤサスの事を書きましたが

今回はフロントの話しをば。

いきなりですが、現在レーサーを含め

大多数のバイクのフロントサスペンションは

テレスコピックフォーク式を採用していますが

この形式はサス(車体懸架装着)としては

弱点だらけです。

テレスコ以外ではビモータなどで見られる

「スイングアーム型ハブステア」や

BMWの「テレレバー」などがありますが

サス機能「だけ」を見ればこれらより大きく劣っています。

詳細を書くとメチャ長くなるので割愛しますが

そんなテレスコ式をGPマシンですら採用しているのは

軽くコンパクトにまとまるのと

ライダーの感性にマッチしやすいのが大きいのではないでしょうか。

そんなわけで、フォークの高性能化は

速さ以上に気持ち良さや安心感に繋がります。

高性能な社外カスタムフォークは病み付きになりますよ。

幸運にもラインナップのある車両にお乗りの方も

ラインナップ外の方も見積もりは無料ですので

是非ご相談ください。

それではこの辺で、

RS川瀬でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする