フォローする

まだまだキレイにします!

どうも~、一宮店鵜飼です^^)ノ

前回に引き続き、車検整備で各部をキレイキレイにしちゃう様子をお伝えします。

ブレーキ廻りの整備についての詳細が認知されていない気がするので、詳細をご紹介^^)ノ

ブレーキキャリパーを取り外し、キャリパー本体及びピストンを清掃。

この状態でブレーキを数回かけ(いわゆる「揉み出し」です)、

それを繰り返してピストンが均等に動くようにします。

こちらは外したブレーキパッドビフォーアフター。

ブレーキダストは各部の動きを阻害するため、しっかり落としておきます。

オートバイのブレーキパッドの動き幅はとても小さいので、

わずかな汚れが動きの悪さに繋がることになるんですね…

最後に適正な部位に適量のグリスを塗布して組み上げます。

ブレーキフルードを交換…ブレーキフルード交換だけでもブレーキのタッチは変わります。

車検ごと…と言わず、一年ごとくらいの交換がベストです^^)b

そしてブレーキレバーを外してここもグリスアップ!

動く部分はとにかく清掃・給油です^^)v

ブレーキとは違いますが、レバー付近ということで…

スロットルワイヤーへのグリスアップも忘れませんよ~。

さて、ここまでの作業の流れを見ていただけたのであれば、お分かりのはず…

「ブレーキメンテナンス」と一言で言っても、かな~り大変なんです^^;

でも、このメンテナンスでブレーキのタッチが劇的に復活します。

ウカイも「え、こんなに変わるの!?」と驚いたこともありますw

ブレーキのフィーリングが悪くなってきたら、清掃、給油するだけでも全然違います。

命を預けるブレーキだけに、定期的にしっかりメンテナンスを行って、

安全に乗れる状態をキープしましょう♪

それでは今日はこの辺で…ウカイでした^^)ノシ

≪まだまだ続きますタイヤキャンペーン≫

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする