フォローする

沖縄釣行記 番外編のおはなし

販促部  ヒロ伊藤です。


前回の続き

狙いのアオリイカは釣れないまま・・・残念

3日間の釣りを終え、港で荷造り


発砲スチロールの中身はインフルで沖縄に来れなかった
奥様へのお土産

ただ、この荷物  空港でひと悶着あったことは言うまでもなし!
しかし、何とか家へ持って帰ることが!!(よかった!)

そして、発砲スチロールの中のお土産の正体は?

もちろん!!

釣りたてのタマンとミーバイ

さっそく料理!


まな板から、はみ出るサイズだったので出刃包丁も大を使用

あまり、きれいに捌けなかった~。
うろこも手裏剣みたいだったし、身もめちゃくちゃ硬い。

バイクのフレーム切っているほうが、よっぽど上手にできそう!

よって、途中の写真はなし

ただ、わたくしが台所に立つと、いつもギャラリーが


ギャラリーに邪魔されながらも、完成!

沖縄に行けなかった、インフル奥様へ

少しでも、沖縄を味わってもらうための料理

タマンのお刺身・焼き魚・海ブドウと沖縄のお酒

とっても、美味しく皆でいただきました!!

特に、お刺身最高~

インフル奥様も「おいし~」と喜んでくれました~。

そのあと一言
「やっぱり、イカも食べたかったね」

ぐさっ!  釣れなくてごめんなさい・・・

それから数日後

沖縄の船長から「やっと、イカ釣れ始めた」とメールが
マジか!

この写真を奥様に見せたら
奥様のアオリイカ食べたいスイッチが全開に!

「イカ獲ってこい!」の一言

「イエッサー。よろこんで!」

というわけで、いつものホームグラウンド三重へ
アジを泳がせて狙います。


今回は絶対に釣らなくてはならない戦い!

プレッシャーからか、バラシ連発・・・・

この大事な時にミス連発・・・

何やってんだ!俺は・・・

 

しかし、穂先に糸が絡んだりしながらも
運よく奇跡的に1杯がわたくしに釣られてくれました!

今年初のキロアップ! よかった!

やっと、お土産ができた!

ほっと、ひと安心で


奥様が持たせてくれたお弁当を食べていると

殺気が消えたのか? あたり連発
しかも、1杯釣れたせいか、落ち着いてやり取りでき

しかも連続キャッチ!

メンタル大切です。


3杯釣れたところで、もう十分なので早あがり
1.2kg・1.2kg・900gの釣果!

さっそく、捌きます。

これも、まな板からはみ出すサイズ

イカはほとんど捨てるところがなく、美味しくいただけます。

 キモ↑  周りの身も絶品     
  スミ袋  丁寧に保管(後日使用)

 身

 エンペラーとゲソ↑

身は刺身、透き通る白さ!

お刺身、甘くて最高~

ゲソは↓

足の吸盤をすべて取り除くため

はさみで切り落として食べます。このひと手間が大切

キモも輪切りに

それらをフライパンの上で

エンペラー・ゲソ・身をキモとバターで炒める。

想像しただけでヤバクないですか~!

こうなります↓


食卓の上には、お刺身とキモバター焼き↓

そして、

フライパンの中のイカが少なくなってきたら

ごはん投入!  キモ・バターのエキスがたっぷり


これ↑相当ヤバイですよ~

1kgのイカ1杯で、こんな料理が二人で4~5日は楽しめます!

それが、3杯分。  最高っ!

でも、痛風になりそ~。

今回、勤続20年のご褒美でいっぱい遊ばせていただきました!
ありがとございました!

今度は、全力で仕事 頑張ります。

仕事も遊びも全力で真剣にやるから面白い!

それでは、また土曜日に  バイバ~イ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする