フォローする

SEチューニング「ZX-10R マレーシア編」

皆さん、こんばんは!!

SE山田です!!

本日のSEニュースは、

先日、納車させて頂きました「ZX-10R 2015年 マレーシア」について・・・。

まずは、SEチューニングのデータです。

赤ラインがセッティング前、青ラインがSEチューニング後です。

↓↓↓↓↓↓↓

マレーシア仕様には、もちろんリミッターは効いていませんが

10500rpm辺りから、横ばい・落ち込みがあるのが分かります。

SEチューニング後(ECU書換え・セッティング後)は、特に10500rpm辺りからの伸びが凄まじいことになっています。

このようにリミッターが効いていない仕様地でも

高回転域・ハイスピード域での伸び悩みがあります。

これは「セカンダリーバルブが全開になっていない」事が影響しており、

SEチューニングすることにより、「セカンダリーバルブのセッティング」と「燃調」が最適化され、

上記のようなシャーシデータ=「低速域からの扱い易さ」&「モア・パワー」に繋がるのです!!

ちなみに、「マレーシア仕様」に加え「北米」「カナダ」や

最近のリミッターが効いていない「国内仕様」もこのような傾向があります。

よって、上記の仕様地は、SEチューニングすると変化度が非常に高いです!!

上記以外の仕様地でも、もちろんSEチューニングの効果は効果大ですので、

SEチューニングのご相談は、お気軽に山田まで。

以上、SE山田がお送りしました!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする