フォローする

マスタータンクステーのおはなし

販促部   ヒロ伊藤です。

最近では、めっきり作ることの少なくなった
ブレーキ・クラッチマスターのタンクステー


以前は車種やセパハン・アップハンようによく作ったものです。

ストレート形状のこんなのも↓

今は、各メーカーさんから色々な種類が発売されていて

とっても、便利になりました。

しかし、たまにどうしてもタンクの位置がしっくりこない時が・・・

そんな時は、わたくしの出番!

いろんな角度に曲げたステンレスの棒を使い

車両に合わせて、タンクの位置がかっこいい所に来るように

溶接していきます。

片側、溶接してもう片側も、この時も一度点付して

車両で確認

そして、位置が決まったらしっかり溶接

磨き材を使用していますが、溶接のやけ焼け跡がつくので

強力バフマシーンできれいにします。

200Vのマシーン、ちょっと怖い・・・

そして、焼け色もとれて  ピカピカに!

そして、車両に装着

イメージ通り出来ました!

水平に、そしてクラッチ側と同じところに!


完成です!

出来るだけ、かっこよく

大切です。

やっぱりセパハン仕様の時、位置が決まりづらいですね。

そんな時はご相談を!

それでは、また来週  バイバ~イ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする