フォローする

バーリングのおはなし

販促部  ヒロ伊藤です。

今年、何本目か覚えていませんが
よく依頼される作業
カタナのフレーム加工

バラバラにしてからのスタート↓

ここから、要らないところをカット!

ステップ周り・マスター取り付け部・センタースタンド取り付け部など
いっぱい、ちょん切ります。
そのため、補強を入れてもフレーム自体は最初より軽くなっています。


すっきりしたフレーム↓

ここから、レイダウンボスや補強プレートを作り

レイダウンや補強をするのですが

その補強材の一つにバーリング加工を施します。

カタナの補強で一番大事なピッボト部

型を取り

材料を切り出します

バーリング用に作った治具でプレス

そうすると、こんなのが出来上がります。↓

これを、向かい合わせににして溶接すると、一個のガゼット材完成↓

これを、フレームに溶接しますが大切なのは
隙間が無いように、ぴっちり合わせること。

削っては合わせるを何度も繰り返して、ぴたりになりました。

それから溶接

ピッボットなど数か所の補強・レイダウン加工・ステップボス溶接
お決まりのメニューを施したらペイントに

数日後、塗装ができあっがってきました!

ピボット部は?

綺麗に仕上がっています。

平板でも問題はありませんが、強度、見た目はバーリング加工が

良いでしょうね。

エンジンもO/H済みなので、完成が楽しみです。

おまけ

もう一台作業中のカタナ

こちらも、フレーム加工して塗りなおした一台

ノーマルのステップなど、そのままに最小限の補強を施しました。

カタナ・ファイナルエディションと同じように
ピボットを補強

その他、背中などに4か所の補強も入れました。

ホイールもゲイルスピードタイプN 18インチ

おさえるところを、しっかりおさえた!

しぶい一台が出来そうですよ!

こちらも、完成が楽しみです。

それでは、また来週土曜日に  ごきげんよ~

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする