フォローする

錆びたボルト・ナットを緩める。

ながびく外出自粛。

お家でメンテナンスをされる方が多いのか

ケミカル系が大変よく売れています。

昨日、

パソコンショップへWEBカメラを買いにいったら

店頭在庫一切なし。

テレワークの影響でしょうか。

さて本題です。

前々回のお休みに車のメンテナンス中

気になっていたところを一度外そうとチャレンジしました。

それが、マフラーの中間パイプ。

30年以上外したことのないところです。

想像どうり、、、、、「錆、錆、錆」

自宅の工具でチャレンジしてみましたが

いやな予感がして、いったん中止。

ナットが外れなければ、グラインダーで落とすか、ドリルでとばすはめになる。

最悪、エキゾーストマニホールごと外すことに

それだけは避けたい。

で、、、

最近気になっていた商品を購入。

原理は

ということらしです。

凍結スプレーを吹きかけて、半日放置しました。

そして、念のためと思い。

工具まで購入してしまいました。

ナット3個を緩めるだけのために

ノンスリップソケット

14mmだけでよかったのですが、SETしかありませんでした。

またまた、原理は、、

中の二本のスリットと少し形状がことなる、6ポイントソケット。

らしいです。

これで、作業再開。

DSC_0178

下にもぐって、狭いところで格闘すること20分。

無事、、、、摘出成功です。

DSC_0183

ちょっと見にくいのですが、

右が、なまくら工具でチャレンジしようとして角がおちかけたナット。

左が、ノンスリップソケットで外したナット。

でも、角が落ちかけたナットでもしっかり食いついてくれました。

スプレーが良かったのか、ソケットが良かったのか???

人間頑張れば何とかなる。

やはり、工具はだいじですね。

しゃぼん玉では凍結潤滑剤販売しております。

工具はすいません   インターネットで。

次回も何か頑張っていると思います。

BY

ぷろじぇくと A

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする