フォローする

0.5ミリの光景

こんにちは。

3台のXJRと3台のスーパーカブ を持つ鉄骨裸族の族長熊木です。

定期的に言いますが、1台のXJR以外ほとんどお金掛からず手に入れました。ww

そんな私、こだわりがありまして、ただ、闇雲にアイテム、パーツ点数を増やすカスタムを好みません。

もちろん致し方なく増える、や増えることへのメリットがある場合は別ですが、自分でも作業をする関係でパーツ点数は少しでも少ない方が作業がしやすいからです。

そんな中作り出したのは、、

これです。

スクリーンボルト

それに限らずM5、M6共に店頭には並ばないスペシャルパーツとして、ラインナップを持っております。

さて、お気づきの方はお気づきでしょうが、、

元はと言えば

こういう状態でした。

ボルト、ワッシャー二枚がけ、これはよくやるのですが、外装類を固定する際にポリワッシャーを塗装面に傷防止でつける、、

でもそれだけだとカッコ悪いし、ボルトの外径次第で面圧足りず、緩みや、芯ズレ、ポリワッシャーの変形などを起こすので、こう処理するのですが、、

私の作ったボルトは

図解するとこうです。

M5なら0.8ミリ厚のポリワッシャーを0.4ミリ格納する

M6なら1.0ミリ厚のポリワッシャを0.5ミリ格納する。

最外周の肉厚は0.5ミリとし、、

よくスクリーンボルトに使われるM5では最大外径13ミリに設定

頭部までの高さも限界まで抑え、工具系が小さくなりすぎるとトルクも足りないので、極力大きめ、工具深さも確保した限界ギリギリサイズとなっております。

改めまして、もう一度見ると

もう少し肉厚を抑えたいところですが、これ実はM6サイズのスクリーンボルトに以前加工しておりますので、こんなものかと、、

さて、

気になるお値段は、、

やめときましょう。

お値段聞かずに買う!!っていう人がカスタマイザーってもんですよね。wwww

それでは本日はこの辺で・・

コロナであまりバイク乗っていない人、、

聞いてください。

それでもタイヤは硬くなる。。

今がチャンスです!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする